九星気学占い紹介サイト 9 Star divination

トップページ > 九星気学で大切な五行とは?

自然エネルギーを表す五行

九星気学には五行と呼ばれる「水」「金」「火」「土」「木」の5つの自然のエネルギーの総称を言います。
五行は自然界の摂理とされ、それぞれが独立して存在している訳ではなく、全て自然界の流れになっているのです。
最初に気が存在し、木が燃えることで火が生まれます。そして火が燃え尽きたことによって土ができます。そしてその土から金が掘り出され、夜露がその金に水滴をためて水を作るという流れです。

途中、若干の無理矢理感がありますがこれが中国で古来より伝わる自然と摂理だと言われています。
この自然の流れが正しく循環することで「風」が生まれます。その風が運気の流れを作ってくれると言うわけです。
この五行の流れは自然の流れだけでなく、全ての事に通じることから広く古代中国に知れ渡りました。

これらは陰陽道からくるもので九星気学もそもそもは陰陽道がルーツになっています。

以下に五行それぞれの特性を記載します。

木・・・春の象徴
火・・・夏の象徴
土・・・季節の変わり目
金・・・秋の象徴
水・・・冬の象徴

五行陰陽説

陰陽説とは太極図でも有名な陰と陽からなるものです。
この陰陽説が出てきてからは五行は独立したものではなく、カオスから陰と陽を経て五行が生み出されたと言われています。

12月31日まで初回無料で試せます!

初回無料 おすすめの占いサイトを利用する